.NET開発基盤部会

 

活動の目的と内容

活動目的

  • issueを解決する技術的なアウトプットを行う。

活動内容

  • issueを解決する技術的なアウトプットの作成。
  • アウトプットについてのセミナー開催、カンファレンス出展。 

活動周期

不定期
(部会のMLを活用してサブ ワーキングを立ち上げ、サブ ワーキング毎に活動します)


 

参加対象・参加メリット

参加対象

  • 解決すべきissueを持っているユーザ、企業。
  • issueの解決方法などを検討する技術者、企業。

参加メリット

  • ナレッジの蓄積・利用、最新技術の習得。
  • アウトプットを使用したソリューション・サービスの開発が可能。
 

成果物

成果物

  • ナレッジ、技術情報、サポート、サービスなど。
  • 下記の「成果物例」を参考にして下さい。

成果物例

  • .NET開発基盤部会 - Blog
http://www.osscons.jp/dotNetDevelopmentInfrastructure/Blog/
  • 提供サービス一覧
http://www.osscons.jp/dotNetDevelopmentInfrastructure/Service/

2017年度、注目している技術

  • デバイス系技術 ( スマホ, Windows 10 IoT )
  • クロスプラットフォームのUIサブシステム ( UWP, HTML5, Electron )
  • クラウド系技術 ( 認証連携, SSO等の認証系技術, 各種SaaS )
 

現体制

リーダー

株式会社 日立ソリューションズ西日本
事業サポート統括本部 技術本部 技術部 生産技術グループ
 技師 西野 大介

サブ ワーキング

  • Open棟梁 有償サポート サブ ワーキング
  • Webサービス開発 サブ ワーキング(停止中)
  • デジタル・マーケティング サブ ワーキング
  • IoTソリューション開発 サブ ワーキング

参加企業

  • 株式会社日立ソリューションズ
  • サイバーコム株式会社
  • 株式会社マインド
  • 日立INSソフトウェア株式会社
  • みずほ情報総研
(順不同)
 

リーフレット

Open棟梁リーフレット(A type)@OSSコンソーシアム.NET開発基盤部会

Open棟梁の一般ユーザ向けリーフレットです。